地図情報表示装置NMS-01S

エアマップシステムとは

自機位置を電子地図上にリアルタイムに表示するシステムで、捜索・救急援助・人員輸送・遊覧など様々な用途に利用されるヘリコプターの運航を支援します。全国の道路地図データや飛行場、ヘリポートなど航空関連施設や空域情報はもちろん、要望の多かった送電線情報を地図上に表示可能となりました。

本製品はニーズに合わせて柔軟なハードウェアの組み合わせを選択できるのも特徴です。ディスプレイはアナログRGB映像信号により高画質で表示が可能です。国土交通省航空局仕様承認を取得しているので、安心して機体に搭載することができます。

ページの上部へ戻る

新機能

送電線・鉄塔表示機能 

送電線表示

ヘリコプター運航者から要望の強かった送電線・鉄塔表示機能を実現しました。フライト中の画面に同時に表示できるので自機との位置関係も把握しやすく、より安全な運航をサポートします。

動態管理システムとのリンク(外部通信機能)

衛星電話を接続することで、弊社の動態管理システム地上端末へ文字メッセージ等を送信することができるようになりました。音声通話利用時にデータ通信の切断などのコントロールも可能です。

外部通信機能

ページの上部へ戻る

システム構成

ディスプレイとマップジェネレーターとコントローラーの画像

ページの上部へ戻る

主な機能

任意の地点を表示

自機位置を地図上に表示するだけでなく、地図をスクロールして任意の地点を表示することも可能です。スケールも1/1,560~1/25,600,000(10m~200NM)の15 段階から状況に応じて選択でき、詳細市街地図の表示も可能です。 表示・非表示の切り替えや、表示方法の選択が可能な項目も多数あります。

スケール表示例

空域・航空関連施設を表示

飛行には欠かせない空域情報も同地図に表示することができます。28日周期で航空関連情報を更新することで、常に最新のデータでフライトできます。また、空港はもちろん飛行場やヘリポート、VOR/DMEなどの様々な航空関連施設を検索したり、詳細情報を表示することもできます。

航空関連施設表示例

豊富な検索機能

多彩な検索方法で目的の場所を素早く検索・表示できます。航空関連施設以外も検索できるので、目的地や現場を探したり、その場所を登録したり、ルートを設定することも可能です。迅速な対応を求められることの多い、ヘリコプターでの活動をサポートします。

検索画面

外部接続による拡張機能

高度警戒領域表示例

■高度警戒領域表示
機体の気圧高度計と接続することにより、自機の飛行高度より高い地形エリアを赤く表示し操縦士へ危険を知らせます。 地形の複雑な山間部でのフライトの大きな助けとなります。

TASレーダーチャート表示例

■空中衝突警告装置(TAS600シリーズ)との連携

Avidyne社製のTAS600シリーズを接続すれば、地図からレーダーチャートに切り替え、周辺の脅威機の情報を表示することが可能となります。取材現場などの混雑した場所でも安心してフライトできます。

ページの上部へ戻る

仕様

 

仕様

※仕様は予告なく変更する場合があります。外形寸法は突起部分を除く

ページの上部へ戻る

カタログPDF

地図データ、航空関連情報は随時更新しています。
データ更新をご希望の際はお申しつけ下さい。

製品一覧