イリジウム衛星電話とは

イリジウム衛星図解

イリジウム衛星電話は、イリジウム衛星を利用した衛星電話システムです。イリジウム衛星は地上約780kmの低軌道上を周回しており、この衛星を6面の軌道に11機ずつ配置することで、システム全体として地球の表面をフルカバーしております。
地上からの距離が近いため、遅延が少なく自然な会話が可能です。 ブラインドエリア(電波不感地帯)がないため、地球上すべての上空で通信が可能となり、地上での通信インフラの無い地域(高山、砂漠、極域、海洋)や、国内外を問わず自然災害などによる通信途絶時にも威力を発揮します。
オプションのテレホンアダプターとの接続により、ヘッドセットでの通話も可能となります。電話はもちろんのこと、シリアルポートによりパソコンや各種装備機器とのインターフェイスも可能で、これによりe-mailやインターネットへの接続が可能となり世界中どこでも音声、データ通信をおこなうこともできます。
当社では、用途に合わせて選択できるよう、複数のモデルを取り扱っています。


イリジウムNEXTとは

イリジウムNEXTは、イリジウム社が現在進めている現行イリジウム衛星の後継となる次世代衛星です。イリジウム社では、2015年末からこれらの衛星を順次打ち上げ、2017年末までに配備を完了する計画です。イリジウムNEXTの打ち上げで高速通信による大容量データの送受信が可能になり、それに伴って新しいシステム利用の可能性が広がってきます。
予定されている通信速度は、アンテナの利得によって異なりますが、最高1.4Mbpsまでに容量が拡大される予定です。イリジウム社では、イリジウムNEXTに対応する衛星通信機器の開発を複数のメーカーへ依頼しており、その完成が待たれるところです。

ページの上部へ戻る

モデルと特長

Latitude SkyNode S200

Latitude S200

●D-NET、動態管理システム対応
●衛星回線を使った音声通話機能
●信頼性の高い双方向データネットワーク・通信
●D-NET Latitude WebSentinel対応

詳細はpdf形式のファイルですカタログをご覧ください。



Gogo Business Aviation(旧Aircell)  ST3100 【生産終了予定】

トランシーバーユニット、パッチアンテナ、フラッシュマウントハンドセット図

●小型・軽量でヘリコプターに最適
●国内のヘリコプターへの搭載実績多数
●動態管理システムとの連携が可能

詳細はpdf形式のファイルですカタログをご覧ください。



ST3100生産終了につきましては、 「イリジウム衛星電話Gogo社 製(旧名 Aircell社)ST3100生産終了及び後継機種ST4300販売予定のご案内」 をご覧ください。

【オプション】 テレホンアダプター PTA12-100

テレホンアダプタ図

●ヘッドセットによる衛星電話利用に最適
●16局のプリセットメリーダイヤル
●リダイヤル機能付き

詳細はpdf形式のファイルですカタログをご覧ください。

ページの上部へ戻る

サービス

日本でのサービス

当社は日本におけるイ リジウム通信サービスを提供しています。
航空機用イリジウム衛星電話のご利用については、当社へのお申込みが必要になります。
詳細についてはこちらをご覧ください。


「イリジウム通信プロバイダ サービス開始のお知らせ」

ページの上部へ戻る



取扱終了製品について

ICG社製品

ICS-220Aの取り扱いは2015年12月18日をもって終了致しました。
今後ICG社製品に関するご質問等は、以下へお問い合わせください。
<お問い合わせ先>

Rockwell Collins
:Contact us
URL
:http://www.rockwellcollins.com/Contact_Us.aspx
Or Local Contact
:Rockwell Collins Tokyo Office
TEL
:03-5614-8890




ページの上部へ戻る

※各製品の仕様は、予告なく変更する場合があります。

製品一覧